MayuRise(マユライズ)は眉毛だけでなく、まつ毛にも使える美容液。

 

果たして、どのくらい使い続けていれば、効果がでるのでしょうか?

 

すぐには生えないと覚悟はしていても、あまりに待ち時間が長いと「私には効果なしかも…」

 

と不安になってしまいますよね。

 

ネット上のウワサでは、半年以上使いつづけないとまゆ毛が生えてこないという書き込みもあるとか・・・

 

1

頑張って続けるためにも、みんなはどのくらいの期間で効果があったのか、調べてみました。

 

 

 

MayuRise(マユライズ)の効果を感じる、最短使用期間は4ヶ月

 

 

 

マユライズの使用期間についての口コミまとめ

 

まゆ毛やまつ毛に対して、効果を実感するまでにどれくらいの時間がかかったのか?

 

マユライズを使い続けている人たちの生きた口コミをまとめてみました。

 

3ヶ月ほどしたら(ケイコ 39才)
ペン先の形状が筆タイプではなく、やわらかいチップタイプなのでムラなく全体に塗ることでできます。
しかも液垂れしないので眉毛だけでなく、まつ毛にも使えます。
まつ毛は根元付近に塗っていますが、肌に付いても、かぶれや赤みは出ません。
塗った後はすぐに乾くので短い時間で塗り終わります。
3ヶ月ほどしたら、まつ毛とまゆ毛にツヤが出てきました。
これからが楽しみです。

 

4ヶ月過ぎたあたりで(キミカ 29才)
眉メイクが面倒になりマユライズを始めてみました。
しみたり、嫌な臭いもないのでカンタンにケアできます。
塗ってすぐに生えるわけではないですが、2週間くらいでハリとコシが出てきました。
4ヶ月過ぎたあたりで補修効果というか、まゆ毛が育っている力を強く感じました。
これからも1日2回、塗り続けていきます。

 

3ヶ月が過ぎて(アミ 23才)
愛用者にモデルさんも多いので購入。
まつ毛とまゆ毛の両方に使っています。
1日2回使い続けてから3ヶ月が過ぎて、眉毛はまだ変化は分かりません。
が、まつ毛は抜けにくくなってビューラーでカールしやすくなりました。
眉毛は抜いて整えていた影響で、もう少し時間がかかりそうですが今後に期待しています。
刺激やベタベタ感もないので使いやすいので苦になりません。

 

まゆ毛にハリがでるようになった、まつ毛にコシがでるようになったなどの感想を寄せた人たちの大半は、3〜4ヶ月マユライズを継続利用してきた人たちでした。

 

効果を実感するのに、少なくとも半年は必要ないようですね。

 

 

公式サイトにも効果を感じるためにはまずは4ヶ月の使用が勧められています。

 

理由は眉毛のヘアサイクルにあわせて効果を実感しやすくするため。

 

まゆ毛のヘアサイクルは、個人差があるものの3〜4か月の期間が目安です。

 

まゆ毛を生やすにはヘアサイクルを整える必要があるので4ヶ月くらいの期間は見ないとならないのです。

 

塗ってすぐに生えるというような即効性はないのがデメリット。

 

ある程度継続が必要なのです。

 

ですが、4ヶ月間何も効果が無いというわけではなく、まずは2週間で眉毛やまつ毛にハリやコシを感じるようになる人も多いです。

 

 

 

マユライズを止めたらまゆ毛はどうなる?

 

 

マユライズはモデルやインフルエンサーにも高く支持されています。

 

中にはもう何年も愛用しているという人も。

 

調べた中で最長は、「2年以上継続している」という人でした。

 

ではマユライズを止めたら、まゆ毛はどうなってしまうんでしょうか?

 

そのまま、まゆ毛をしっかりキープしてくれるのでしょうか?

 

 

メーカーに聞いてみると・・。

 

 

まゆ毛が薄くなってしまう原因は「ストレス」「加齢」「抜きすぎてしまった」等、人それぞれ。

 

せっかくマユライズの使用によって眉毛が生えてきても、「継続して生えるようになってくれるのか」、「戻ってしまうのか」もまた人それぞれになるでしょう。

 

2

マユライズは残念ながら、根本的な原因を解決する薬ではありません。

まゆ毛が生えた後も継続使用がオススメです。


とのことでした。

 

まとめ

 

 

効果を感じるには継続が必要ですが、まずはハリやコシなどの変化を早い時期(2〜3週間)に感じられる人もいます。

 

半年以上、使い続けないと効果がでないという美容液ではありません。

 

マユライズでのケアが完全に習慣化された頃、人によっては2ヶ月、3ヶ月、平均で4ヶ月継続すると生えてきたという声も多く確認できました。

 

 

・1日2回、継続利用していれば4ヶ月で効果を実感できる。

・薄毛の原因を治療するものではないので、使用を止めると元にもどってしまう。